コンテンツへスキップ

暑い季節の電気代節約のために試したこと

いろいろ梅雨の季節からエアコン使用を始めます。窓を開けていても湿気で過ごしにくくなるため、早い時期から低めに温度設定したエアコンと部屋の空気を効率良くかき混ぜるサーキュレーターを併用することにしました。

 

今まではエアコンだけの使用でしたが、サーキュレーターや扇風機を併用することにより効率的に部屋を涼しくでき電気代の節約になるという情報をこの夏試してみました。ISO14001を取得してエネルギーマネジメントに力を入れている我が社でも実践しています。ちなみにエアコンは昨年夏購入し2年目の製品使用です。

 

今までは足元が寒いくらいになっても暑い空気が上部に集まり、設定温度をどんどん下げていましたが、サーキュレーターを使用することで部屋の温度が混ざり、昨年より設定温度を下げずに快適に過ごすことができました。またエアコンのフィルターの掃除をこまめにして、電化製品に負担がかからないように気をつけています。

 

カーテンにも遮光、断熱の効果を選びました。それに加えて軒下にサンシェード、オーニングを使用することにより、直接日光が部屋に入り込むのを避け室温の上昇を防げました。結果我が家の電気代としては空調製品フル稼働した今年の夏と、春などの空調の製品を使用しない季節と1ヶ月あたりの電気代を比較すると3,000円のアップでした。