コンテンツへスキップ

環境問題における地元への貢献について

環境経営という言葉が一般的になってかなりの期間が経ちます。私は製造業に勤めていますのでもちろんのことながらものづくりの家庭や工場の経営についてもいそう取得するためにいろいろな基準をクリアしてきました。これらの経営品質に関しては、かなり、根付いている状態にあります。

そして、今さらに重要だといえるのは工場が地元の環境に対してどのような取り組みができるかといった内容に課題はシフトしています。我が社が各地の工場で取り組んでいる内容にも、歴史がありかなり根付いています。例えば、わかりやすいところに行くと地域の方々とのクリーン活動です。月に1度は地元の方々と一緒に工場周辺のクリーン活動行って環境認識を高めています。また、地元の小学生を見学に招待し、環境に優しいものづくりの方法やリデュース、リユース、リサイクルについてわかりやすく説明するセミナーなども行っています。これからの環境系とはこういった地道な活動こそが重要になると考えています。

PR|分かりやすいISO研修コンサルティング|