コンテンツへスキップ

環境ISO監査について

私自身が企業の環境部門や総務部門として環境ISO監査を直接受けたことはありませんが、部門、それもホワイトカラーの職場としてその監査の対応を主幹部署からの指示で行ったことがあります。

もちろん、こうした外部監査については書類の準備が何よりも大変です。そして、その書類の内容にあった活動が会社として実践できているのか、そして実践できていない場合いかにして実態をあわせていくのかという大きなポイントがあります。ここをクリアしようとすると本当に主幹部門は大変です。日頃からISOセミナーで審査員の研修を受けておくべきですね。私の場合はホワイトカラー職場なので全社として環境推進体制をだれしもがしっかり確認しておくこと、自社の環境目標についてしっかり把握しておくこと、そして個人としての環境の取り組みをしっかり理解しておくこと、これが何といってもポイントになります。これも簡単なようですが全員が抜き打ちでチェックされた際にしっかり答えることができるかどうかと問われると難しいところです。

PR|ISOセミナーで人材育成